着付けの用語をご紹介します

着物の着付け用語「半衿」とは

着物の着付け用語「半衿」とは 着物を着る際に着物と肌襦袢の間に長襦袢を着ますが、「半衿」とは長襦袢の衿の上にかけて、汚れが付着するのを防ぐ布を指す着付け用語です。
男女を問わず着物を着る時にはつけるものです。
正装や礼装の際には、基本的に白色をつけます。
白色をつけるときには注意しなければならないことがあります。
柄物の場合は多少の緩みがあっても、それほど苦にならないのですが、白の場合は緩みが目立つので、ぴったり取り付けるようにしましょう。
うまくつけられない場合は、伸縮性があって、しわや波うちを防ぐ効果のあるバイアス半衿を使えば、衿元を美しく保つことができます。
パーティーなどで華やかさを演出したい時は刺繍入りのものが効果的です。
また、色や柄がついたものは、小紋やつむぎ等の街着や木綿や化繊の普段着の着物に合わせます。
素材についてですが、特に夏場は涼しさを演出したいので、薄い色や白を選びます。
おしゃれ着の場合は、レースやビーズを取り入れたものなど幅広く楽しむことができます。

着物の着付けにおける衣紋の重要性について

着物の着付けにおける衣紋の重要性について 衣紋とは着物の着付け方で後ろの襟の部分を指し一般的にこの部分を引き下げることや開け具合、引き具合は「衣紋を抜く」と表現されます。
着物を礼装で着る場合と普段着で着る場合には後ろ襟部分の着付け方が変わり年齢や体型、好みによっても様々な着方が存在します。
江戸時代より前はこの部分を特に抜いてはいませんでしたが、江戸時代中期になって髷を結う髪型が流行ったため油が着物に付かないように行われるようになりました。
たんに実用上の理由だけでなく襟足を綺麗に見せる効果もあり人気となります。
抜く度合いによって見え方が変わり、現代でも敢えて襟を抜かずに着こなす人もいます。
必ず後ろ襟を抜かなければならないわけではなく時間や場所、場合を考えて自分に似合う着こなし方を見つけることが大切です。
慣れないうちは綺麗に後ろ襟を抜くために小物を利用するとよいでしょう。
布の特性上、絹は留まりがよいため敢えて抜かなくても練習しているうちに自然と抜けてきます。

新着情報

◎2021/4/5

衿の合わせ方で見栄えが良くなる
の情報を更新しました。

◎2020/12/23

着付け用語「褄先」とは
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

着物の着付け用語「袵線」とは
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「着物 重要」
に関連するツイート
Twitter

最初に大手の着付け教室に行ってたら、今着物ライフ楽しんでないかもしれない・・・ それくらい「誰」から教わるかは重要。 着付けに限らずですけど

名前:正子(女子) 職業:色々 概要:マルチタスク系。デキる人として結構人気だが、一方でドジっ子な一面も。攻略対象としては最高である。着物を着ており、かなり可愛い。合法ロリ(ここ重要)

名前:大(男子) 職業:明治の補佐 概要:正子に振り回される哀れな人。平成とは結構気が合うようで(地震が起こったり戦争が起こらない平和な時代だったため)、よく話してる。着物に昔の学生帽を被ってる。合法ショタ(ここ重要)

もう少し突っ込んでみる。「和」の代表である誰もが知ってる「着物」。私達が普段着る洋服は、体型を選ぶ排他性がある。だが着物は何でも分け隔てなく包み込む包容力がある。重要なのは包容力の部分ではなく「どんな醜い体型をも包み込んでそれなりの美しさを表現する。」これが「日本の姿」だという事

呉服業界のことを考えたら若い世代に沼らせて長く着物を着てもらえることが一番なんだろうし、呉服店にとって100人以下の諭吉なんて売上にもならないんだろうけど若人を長く育てるっていうのは業界にとって重要なミッションなんだろうな…………